2021/2/11 木曜日

第733回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 10:38:23

日 程 令和3年2月10日水曜日午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞  第12条「得るは捨つるにあり」

テーマ 「人が集まる!えひめの女性工務店【KURASU】」

講 師 株式会社KURASU

代表取締役 矢野 陽子 氏

参加社 21社21名(15社15名松山北会員)

今回は松山北での講話が3回目になる矢野さんに講話いただきました。

・接客は好きであるが、人前での講話は苦手である
・住宅関連の仕事を転々したが、自分のやりたい、売りたい仕事がしたくて独立した
・女性だけの工務店で、気配りが出来ている会社である
・地域に必要とされる会社作りを行っている
・KURASUらしさを提供するため、お客様の目の届かない所まで提案している
・時間管理の大切さを実感しており、隙間時間を有効に利用している

以上、お客様に喜んでいただける提供をしていきたいとのことでした。

第732回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 10:25:11

日 程 令和3年2月3日水曜日 6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞  第11条「物はこれを生かす人に集まる」

テーマ 「病気のある子どもとその家族の支援について」

講 師 認定NPO法人ラ・ファミリエ

理事 西 朋子  氏

参加社 15社15名(12社12名松山北会員)

今回は西さんに難病の子ども支援について講話いただきました。

・自分の人生何が起こるか分からない
・難病の子どもとその家族を支援する団体である
・病気のある子どもの自立支援がメインの仕事である
・難病の子どもは将来のことが一番心配である
・難病の就労者は仕事の悩みが多い
・周りに自分のことを知ってもらうことが大事である
・子どもの発達段階によって自立支援が違う

以上、私たちの活動を応援してほしいとのことでした。

2021/1/31 日曜日

第731回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 10:02:03

日 程 令和3年1月27日水曜日 6:30~7:30

 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第10条「働きは最上の喜び」

テーマ 「役を受けるということ」

講 師 松山酸素株式会社

専務取締役 大槻 映幸 氏
(松山市倫理法人会 会長)

参加社 15社15名(14社14名松山北会員)

今回は松山市の大槻会長に講話いただきました。

・会長の役を受ける時、素直に受けれなかった
・役の責任やめんどくさが浮かんだ
・大学からセーリング部に入部した
・今は選手から教える立場になった
・愛媛国体のときは、会場運営の責任者として大変だった
・前期はコロナ禍で会員数が減少した
・自単会を好きになるように環境作りが大切

以上、自単会を現在、立ち直ししているとのことでした。

第730回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 9:51:32

日 程 令和3年1月20日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第9条「約束を違えれば、己の幸を捨て他人の福を奪う」

テーマ「いのちのはなし」

講 師 道後フォレストガーデン株式会社

代表取締役  越智 敏雄 氏
(松山市倫理法人会 相談役)

参加社 24社24名(18社18名松山北会員)

今回は、松山北での講話が3回目になる越智さんに講話いただきました。

・会長のお役をいただいたときの苦労を思い出す
・会長挨拶を経験して、人前で話すのに慣れた
・当時は会長挨拶のネタ探しに苦労した
・今、この瞬間を精一杯生きることが大事
・自分の人生に注文しないと何も起こらない
・自分が決めることが出来るのは自分の心だけである
・本当のライバルは自分の中にいる

以上、何事も自分との闘いであるとのことでした。

2021/1/17 日曜日

第729回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 9:23:42

日 程 令和3年1月13日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第8条「明朗は健康の父、愛和は幸福の母」

テーマ 「年頭挨拶」

講 師 会員の皆様 

参加社 〇社 名( 名松山北会員)

今回は参加した皆さん1人ひとりに今年の抱負を語っていただきました。
厳しい状況が続きますが、今年もよろしくお願い致します。

第728回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 9:18:58

日 程 令和2年12月16日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第7条「肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号」

テーマ 「野球場あれこれ」

講 師 サントリー酒類株式会社

四国支社長 高梨 明治 氏

参加社 18社20名(15社16名松山北会員)

今回は高梨さんに野球場の豆知識を講話いただきました。

・野球好きで現在もマスターズで甲子園に出場をしている
・日本で野球場が1番大きいのは楽天の球場である
・フェアーゾーンが大きいのは甲子園である
・世界最古の球場はボストンレッドソックスの本拠地で1912年に完成
・日本最古の球場は甲子園である
・球場が総天然芝なのは、マツダスタジアム、楽天スタジアム、オリックススタジアム
・収容人数が多いのは、日本は甲子園で47,000人、世界ではドジャーススタジアム56,000人

以上、野球場の雑学をいろいろ教えていただきました。

第727回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 9:05:08

日 程 令和2年12月9日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第6条「子は親の心を実演する名優である」

テーマ 「ストレス軽減、色を感じるメディテーション(瞑想)とは」

講 師 ピクニックサロン

フリーアナウンサー/カラーセラピスト  新山 純子 氏

参加社 17社17名(15社15名松山北会員)

今回は新山さんにカラーメディテーションの講話をいただきました。

・仕事としてフリーアナウンサーとカラーセラピストをしている
・カラーセラピストは相手にとって中立の立場が大切
・瞑想(メディテーション)とは今ここで集中する心の状態にする
・チャクラとはエネルギーの流れの出入り口
・身体のチャクラは第1~第7チャクラがあり、すべてのバランスが大事

以上、実際に体験しながら勉強しました。

第726回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 8:52:21

日 程 令和2年12月2日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞  第5条「夫婦は一対の反射鏡」

テーマ 「女性が輝く働き方を目指して」

講 師  株式会社ヴァンサンカン


人事教育コンサルタントスクールマネージャー  川口 悦子 氏

参加社 19社19名(17社17名松山北会員)

今回は川口さんに働き方改革について講話いただきました。

・ 月5回程度の スクール講師として契約した
・8ヶ月はWワークで行っていたが、ヴァンサンカンの魅力に惹かれ入社した
・女性が働き続けるには
①協力してくれる人に頼って仕事を続ける
②ライフスタイルに合わせて仕事を変える
③働き方を変えて仕事を続ける
・現状把握→個人面談→課題整理で働き方改革した
・残業削減で環境整備に着手した
・社長に現場復帰をお願いし、直接指導の実施
・働き方改革におけるお客様のキャンセル「0」で理解いただく

以上、于用曲折しながら改革していったとのことでした。

2020/12/12 土曜日

第725回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 15:47:15
立場でのモノの見方
会員スピーチ
榊原高知県会長

日 程 令和2年11月25日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第4条「人は鏡、万象はわが師」

テーマ 「倫理実践 普及編」

講 師  大永造船株式会社

代表取締役社長 榊原 英之 氏
(高知県倫理法人会 会長)

参加社 19社19名(17社17名松山北会員)

今回は高知県榊原会長に普及について講話いただきました。

・入会後、2年間はスリープメンバーであった
・普及のために地元南国の知名度を上げる活動をした
・入会後、2~3ヶ月で講話をしてもらっている
・当たり前のことを当たり前に出来るようになるのが倫理である
・入会した会員が必ずMSに参加している
・高知東は52ヶ月連続で入会が継続している
・倫理では縁と恩と義理をはたす

以上、会員の意識が変われば普及は簡単であるとのことでした。

2020/12/11 金曜日

第724回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 18:53:36
高松南さんとの出逢い
会員スピーチ
講師:稲澤監査

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

日 程 令和2年11月18日水曜日 午前6:30~7:30

栞 第3条「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」

テーマ 「毎日1分だけ挑戦して欲しいこと」

講 師 株式会社稲澤組

代表取締役  稲澤 信幸 氏
(高松南倫理法人会 前会長)

参加社 25社27名(21社22名松山北会員)

今回は稲澤さんに苦難を福門に変える習慣について講話いただきました。

・人の大事な生命、財産を護る仕事をしている
・初代会長の「絆」を大事に現会長まで引き継がれている
・1日1分、自分の苦手なことをやり続けてレベルアップをする
・「自ら苦難」にチャレンジすると現実的に向き合って解決できる
・苦難が現れると人間は3つの行動をとる
 ⓵逃げる、隠れる②仲間になる③戦う
・苦難を解決することはわがままを捨てている
・幸福への門を開けるのは自分である
・お役を授かるのはあなたの実力ではない

以上、苦難に向きある大切さを教えていただきました。

次ページへ »

HTML convert time: 0.504 sec. Powered by WordPress ME