2010/3/17 水曜日

第228回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 19:04:08

日 時    平成22年3月17日水曜日 午前6:30~7:30

会 場    東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞      第3条 「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」

テーマ    「気づきから自覚へ」

講 師    社団法人 倫理研究所

        法人局普及事業部 中国・四国副方面長 松本 真志 氏

参加社    21社25名

二日酔いの武田会長

二日酔いの武田会長

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:松本様

講師:松本様

参加会員様

参加会員様

朝日を浴びる松山城

朝日を浴びる松山城

今回は昨日の役員研修に引き続き、モーニングセミナーも講話いただきました。

まず最初に年間3万の自殺者が出ていることに触れられました。1年のうちでも、3月~5月が1番多い時期だそうです。「死ぬ気になれば、何でもできる」と思うのですが、自殺を考えている人は、切羽詰った状態で何もできないのでしょう。そういう方は「人と人とのつながり・気づきが欠けている・人に生かされている自覚」などがないように思います。
気づいてから自覚できるまでには過程があります。『気づき⇒苦難⇒自覚』といった図式で説明すると、自覚を深めるために手段を選べないような苦難を体験させます。九死に一生を得た人は、その後の人生がガラッと変わるそうです。

また、倫理の教えは率先垂範で実践することです。やってみればたいしたことないことであったり、実践することで答えが導けます。まずは、何これ考えずに実践することです。実践を100日間続けることで、習慣に変わり心に変化が表れます。これも気づきから自覚に変わります。体験しましょう。

来週は㈱英語アカデミー キャサリン・マリン・バーチ様の「日米教育」です。多くの方の参加をお待ちしております。

投稿者/広報委員長

 

役員研修(3月)

Filed under: ナイトセミナー — kita_admin @ 18:11:29

日 時    平成22年3月16日火曜日 午後6:30~7:30

会 場    東京第一ホテル松山 3階白鳥の間

テーマ    「丸山敏雄の読書と趣味」

講 師    社団法人 倫理研究所

        法人局 中国・四国副方面長 松本 真志 氏 

参加社   13社13名

武田会長

武田会長

講師:松本様

講師:松本様

参加役員様

参加役員様

今回は、松本中国・四国副方面長に「丸山敏雄の読書と趣味」について役員研修を行いました。

 丸山先生は「良書は古人の生きた霊として尊敬すること」と言われておられ、その中でも伝記類を読むことを勧めております。「どのほう方面の人物でもよい。成功者でも失敗者でも、全ての先輩の尊い体験であり身をもって行ったよき教訓である。」伝記本が活きた教科書になり、自分の進む道を教えてくれるお手本になります。
また、何気なく行っている趣味も意味があるそうです。余裕がない人はとにかく失敗が多い。趣味を持つ余裕がある人は、本業も豊かにし、人間に幅を持たせることができるとのことです。

倫理はまず実践することから始まります。100日間実践することで必ず心に変化が出てきます。皆さんも実感するために、100日間続けてみてください。

投稿者/広報委員長

HTML convert time: 0.389 sec. Powered by WordPress ME