2014/1/22 水曜日

第412回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 18:55:11

日 時   平成26年1月15日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第16条 「己を尊び人に及ぼす」

テーマ   「苦難福門~マイナスからのスタート~」

講 師   株式会社TAMU

       専務取締役 田村 明美 氏
       
【松山市倫理法人会 モーニングセミナー委員長】

参加社   47社55名(内29社33名松山北会員)

自分を信じぬく力!

自分を信じぬく力!

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:田村様

講師:田村様

今回は、松山市倫理法人会でモーニングセミナー委員長を拝命されている田村さんに講和いただきました。

田村さんは、ご両親が紙箱製造会社を経営する実家に生まれ、両親の働く姿を見て育ちました。スポーツにあけくれる学生時代を過ごし、体操で四国チャンピオンになるほどのご活躍をされたそうです。大学卒業後、実家の野本製函㈲に入社され、その年に大病を患いました。4年後に、結婚され2児に恵まれ、母・妻・会社役員の3役をこなされたそうです。8年後三代目の社長である父が急死され、突然柱を失いました。実兄が四代目社長になるも、浪費と放漫経営があり、いろいろと手を尽くして苦労されたそうですが、それがアザとなり7年後に役員を解任されました。収入がゼロになる中で2児の子供を育てたそうです。役員を解任されて、5年後に90年続いた会社が経営コンサルタントが絡んだ悪質の大倒産をしました。その1年後、「元社員を救うため」「箱を作りたい職人のため」に夫婦で現在の会社を設立されたそうですが、苦難の経営が続いた1年後に倫理に出会い学びました。倫理に入会して、2ヵ月後には会社を整理しないといけないほどの経営でしたが、新製品の開発が、全国チェーンのインテリア雑貨の会社に認められ、売上が倍増したそうです。そこからは、経営も安定して行き、倫理の学びと実践に救われながら、今日に至るとのことでした。

HTML convert time: 2.619 sec. Powered by WordPress ME