2014/3/27 木曜日

第421回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 20:48:57

日 時   平成26年3月19日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第8条 「明朗は健康の父、愛和は幸福の母」

テーマ   「オーガニックコットンを通しての社会貢献

講 師   株式会社アバンティ

        代表取締役 渡邊 智恵子 氏
       
(東京都杉並区西倫理法人会 会長)

参加社   42社49名(内24社29名松山北会員)

出逢うべくして出逢う

出逢うべくして出逢う

講師:渡邊様

講師:渡邊様

 

 

 

 

 

 

今回は、杉並区西倫理法人会の渡邊会長を迎えて、社会貢献について講和いただきました。

渡邊会長は、倫理とは実践であり、実践するのみで頭でっかちではいけないとのことでした。3.11の東日本大震災では、人間として正しいことをやらなければいけないことを教えてもらい、日本人の荒んだ心を元に戻したい一心で行動されています。渡邊会長が取り組んでいるオーガニックコットンとは、3年以上、農薬や化学肥料を使わない畑で栽培された綿のことをいい、遺伝子組み換えを一切していない綿です。また、耕作面積に2.5%しか取れないので、貴重なものです。それに対して、海外繊維は、世界の26%の農薬が使用されており、綿を生産するために6歳から10歳の子供が人工授粉をしており、化学肥料が酷いためガンなどの病気を発症しているとのことでした。渡邊会長は、世界中でオーガニックコットンのシェアが10%になることを目指して、常に未来の地球を考えて仕事をしているとのことでした。

第420回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 20:13:48

日 時   平成26年3月12日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第7条 「肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号」

テーマ   「失敗から学んできたこと

講 師   株式会社TO RISE UP

        代表取締役 松野 重弘 氏
      
(松山北倫理法人会 普及拡大副委員長)

参加社   36社40名(内28社32名松山北会員)

3.11 東北支援!

3.11 東北支援!

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:松野様

講師:松野様

今回は、松野普及拡大副委員長に講和いただきました。

松野さんは、大学時代にアルバイトをしていたときの経営者に言われた「給与はお客様からいただいたお金で払っているだけ」と言われたことを今も大事にしており、従業員にも言っているとのことでした。2000年4月に介護制度がスタートするのを知って、介護業界に転職されたとのことでした。2002年に共同経営で会社を設立したそうですが、共同経営の難しさを実感しながら、最終的には1人で経営する道を選んだそうです。経営しているときは、必ず「最悪の事態を測定しながら、最高の未来を捉えながら経営していくこと」を道しるべとして頑張っていたそうです。また、自分が信じた道はどんなことがあっても、突き進んで行動し、「諦めなければ必ず思いは叶う」という実践を自ら行動して、これからも夢に向かって突き進むとのことでした。

第419回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 19:48:00

日 時   平成26年3月5日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第6条 「子は親の心を実演する名優である」

テーマ   「役に徹す

講 師   一般社団法人 倫理研究所 常任理事

        法人局 局長 内田 文朗 氏

参加社   41社46名(内27社31名松山北会員)

継続が一番!

継続が一番!

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:内田局長

講師:内田局長

今回は、内田局長を迎えて、「役」に関する講和をいただきました。

最初に「職場の教養」について話されました。昭和33年に発行され、その年は世界一が2つできた年だったそうです。①東京タワー333mができ、②本州と九州を結ぶ海底トンネルが開通したそうです。その翌年は、アジア初の東京オリンピック開催が決定した年ということで、価値がある年に「職場の教養」は発刊されました。
次に、成功を収める企業や継続する企業の共通点について話されました。
①利他性:お客様のニーズや要求に答えられるかどうか。人間の世界だけが「利」のやり取りを行うことができる。②道徳力:「善悪」の判断基準。現在の判断基準の垣根が低くなっている。③実践力:知識で知っていることと、出来ていることは全く別の問題である。
最後に「役割」について話されました。モノはモノの数だけの働きをするが、人は人の数だけの働きをしているか。やり方次第で、プラスにもマイナスにもなっている。「役を知る」ことは、役割や役に徹することで役を超えないことである。よって、相手によって役が変わり、自分が変われば相手も変わるのである。まさに実践あるのみである。

2014/3/4 火曜日

第418回モーニングセミナー

Filed under: 未分類 — kita_admin @ 20:22:03

日 時   平成26年2月26日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第5条 「夫婦は一対の反射鏡」

テーマ   「思いは叶う-中国に倫理を-

講 師   一般社団法人 倫理研究所

        名誉研究員  丸本 征雄 氏

参加社   26社30名(内22社26名松山北会員)

栞を強く読み込む!

栞を強く読み込む!

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:丸本様

講師:丸本様

今回は、昨日の幹部研修に引き続き、丸本名所研究員に「中国の倫理」について講和いただきました。

今年で、日中倫理交流が29年目になるとのことでした。その内丸本さんが、日中倫理交流に携わって24年になるそうです。1985年から中国社会科学院哲学研究所と「企業倫理・家庭倫理」等のテーマを中心に交流され、中国が倫理経営の重要性を認識しているとのことでした。また、1999年から「地球倫理の森」植林事業を展開し、中国内モンゴル自治区恩格貝のクブチ砂漠において植林を実施しており、2013年8月時点で植林本数32万本を突破したそうです。最初、反日感情を植えつけられている中国人から見ると、何の見返りもない日本人が、お金と時間を使って植林することの意味が分からなかったそうです。現在で15年になるそうですが、現地の反日感情が変化し、中国人も一緒になって植林活動が進んでいるとのことでした。丸本さんの中国への思いは、「父親の夢」を叶えたい=「親不幸の償い」から始まりました。父親の考えていたことを知りたいがために、当時父親がしていた格好で、中国に行き、同じ場所に立って考えたそうです。自分は「中国に倫理を」と思い続け、様々な苦難に立ち向かいながら中国倫理交流担当になったとのことでした。「思いは叶う」と強い信念と成功のイメージを持ち続けながら信念を練り固めていくと「思いは必ず叶う」とのことでした。

第417回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 19:43:09

日 時   平成26年2月19日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第4条 「人は鏡、万象はわが師」

テーマ   「オモロい未来の創り方」

講 師   インフィニティ・ベンチャーズLLP 

       小野 裕史 氏

参加社   37社42名(内26社31名松山北会員)

私自身が変わる!

私自身が変わる!

講師:小野様

講師:小野様

 

 

 

 

 

 

今回は、昨日のナイトセミナーに引き続き、「ノータイムポチリ」の小野さんに講和いただきました。

小野さんは、頭で考えずに心で動く「ノータイムポチリ」と様々な競技にエントリーすることでチャレンジするキッカケをつくるそうです。チャレンジするほど、次の成長につながるチャンスがあります。また、チャレンジすることを支えてくれて、自分を育ててくれる仲間(チーム)は、お互いの発信が生まれ、善意の解釈ができると考えます。チームとして歩むためには、「ゴール」を発信した上で「ゴール」の共有ができるか、ゴール到達に必要な能力を持っているか、相手の能力を引き出せるかなどを見極めているそうです。「目線の持ち方」としては、高い目標を持つと考え方がプラスに働き、「目線のあげ方」は目線の高い人に触れることで自分自身の目線を上げているとのことでした。人間関係で大事にしていることは、①オープンな心②信じきることを実践しているそうです。最初から、マイナスの考えで対応せず、素直に受け入れることを実践して大きな目標に向かって突き進んでいるとのことでした。

HTML convert time: 0.236 sec. Powered by WordPress ME