2014/8/29 金曜日

第442回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 20:23:44

日 時   平成26年8月27日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第12条 「得るは捨つるにあり」

テーマ   「卵が先か?ニワトリが先か?

講 師   Sa-Rah

        代表 帽子 千秋 氏

参加社   41社50名(内30社38名松山北会員)

日々、反省の連続

日々、反省の連続

講師:帽子様

講師:帽子様

 

 

 

 

 

 

今回は帽子さんに自分が大切に思うことを信じたまま進んでゆけるかについて講話いただきました。

帽子さんは、こだわりを持って洋服をつくり、販売されています。店舗の立地も商売ゴコロより居心地の良さを優先させて店舗をオープンさせました。麻やコットンなどを素材に洋服を作っています。麻の素材は、自分が着ただけでなく代々子供や孫に引き継いでいけるなど環境にもやさしい素材です。モノづくりはゴミを作っていると思っており、最後まで責任を持って有害にならないように洋服に使う素材も考えているとのことでした。自分がやったことに対して、お金や信頼ややりがいは後からついてくるものであると考えており、結果がでることはありがたいものであります。現在はスタッフ4名は主婦であるので、子育てを優先して仕事をしてもらうようにお願いしております。今しか経験できないことは今してもらいたいという考えで経営しています。そのときを精一杯生きることを実践しているとのことでした。

第441回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 19:33:06

日 時   平成26年8月20日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第11条「物はこれを生かす人に集まる」

テーマ   「ピンチこそチャンス

講 師   株式会社マツオカ

        代表取締役 松岡 賢 氏

参加社  32社40名(内23社30名松山北会員)

倫理を生活の一部に

倫理を生活の一部に

講師:松岡様

講師:松岡様

 

 

 

 

 

 

今回は昨日の経営者の集いに引き続き、松岡さんに倫理で学んだことを講話いただきました。

松岡さんは自分は少しでも変わりたい、少しでも周りの人を幸せにしたいと思い、自分磨きをしているとのことでした。物事が上手くいかないのは、自分のわがままが原因で道を外したり、反対方向に向かわせており、そんな上手くいかなかった時こそ、自分が変われるチャンスだと思います。全ての現象は自分の行動がもとで起こっていると考えており、起こった出来事に正面から取り組むことで相手の信用が得られると思います。起こったこと、困ったことに素直に真剣に取り組むことで自分の成長につながります。倫理でも学んでいますが、人生は苦難の連続です。しかし、苦難こそがその人に試練を与え、成長させるために現れた事柄と捉えることで大きな活路が開かれます。「ピンチこそチャンス」と捉え、邁進していきたいと思います。

第440回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 18:50:54

日 時   平成26年8月6日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第10条 「働きは最上の喜び」

テーマ   「希望の島へ ~涙と笑いの冒険物語

講 師   株式会社しまの会社

        代表取締役 兼頭 一司 氏
      
参加社   26社31名(内23社28名松山北会員)

8月6日は特別な日

8月6日は特別な日

講師:兼頭様

講師:兼頭様

 

 

 

 

 

 

今回は兼頭さんに地域の未来づくりの講話をしていただきました。

兼頭さんは、幼少期に暮らしていた田舎が嫌で嫌でたまらなかったそうです。そのため、高校卒業後、東京の大学に行き、大手企業に就職しましたが、最終的にはギスギスした世の中が肌に合わず、離島だけで形成した町 上島町に移住しました。「人のつながりや」「自然の恵みへの感謝」を育むのは地域社会と考えての移住だそうです。島民数十人の出資をもとに、島民の島民による島民のための会社「しまの会社」を設立しました。島の「弱み」を逆に「強み」にして、逆転の発想でしまブランド化を進め、島ならではの発見を、プロジェクトにして告知していき注目を集めました。最終の夢は、次の世代を育てていく計画をしています。これからの10年は「島でもこれだけできる」という実績を残して島の存在を示せるよう頑張るとのことでした。

HTML convert time: 0.339 sec. Powered by WordPress ME