2020/1/2 木曜日

第694回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 12:37:10
SDGsの取組み
会員スピーチ
講師:堀江氏

日 程 令和1年12月25日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第7条「肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号」

テーマ 「誰ひとり取り残さない世界を目指して」

講 師 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

アドボカシーマネージャー  堀江 由美子 氏

参加社 27社29名(22社24名松山北会員)

今回は堀江さんに女性月間最後を締めくくっていただきました。

堀江さんは、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンという子ども達を救うことを目的にした団体に所属されており、アジアを中心に活動されております。子どもには国連で決められた「子どもの権利」があり、①生きる権利②育つ権利③守られる権利④参加する権利の4つの柱があります。世界では、およそ4人に1人が慢性的な栄養不良であり、学齢期の子どもの6人に1人が学校に通えていません。貧困のために働くしかないのが現状です。堀江さんは「子どもの権利」が守られているかを確認しており、また現場の活動だけでは解決出来ない政策提言を行っています。それに加えて持続可能な開発目標(SDGs)の取組みにも力を入れており、誰ひとり取り残さない世界を実現するために様々な活動をしているとのことでした。皆さんもSDGsの取組みに本気で向き合い、地球が存続出来るように行動していきましょう。

第693回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 11:31:52
寝起きです!
会員すポーチ
飯塚法人アドバイザー

日 程 令和1年12月18日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第6条「子は親の心を実演する名優である」

テーマ 「感謝の人生」

講 師 秀倫塾

塾長  飯塚 秀夫 氏
(一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザー)

参加社 25社27名(22社24名松山北会員)

今回は体調不良の松森法人スーパーバイザーに変わり、飯塚法人アドバイザーに講話いただきました。

飯塚法人アドバイザーは、人生は出会いに連続であり、出会いは必然で偶然ではないとのことでした。また、自分の器以上の出会いはないは無く、気づかないそうです。人はひとりで生きていくことが出来ず、周りの方に支えられているのでいつでもどこでも感謝が大切です。人間は人の力で活かされているから感謝が大切であり、人は人を喜ばせる生き方が大切で、そうすることで自分も幸せになります。これからの更なる幸せは、感謝の心に比例するので感謝の心を持って生きていきたいとのことでした。

第692回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 10:46:21
今日の活力に!
会員スピーチ
講師:ながえ氏

日 程 令和1年12月11日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞  第5条「夫婦は一対の反射鏡」

テーマ 「石の上にも3年」

講 師 参議院議員

ながえ 孝子 氏
(松山北倫理法人会 女性副委員長)

参加社 33社37名(27社30名松山北会員)

今回はながえさんに国政選挙について講話いただきました。

ながえさんは5回目の国政選挙で初当選されました。イメージトレーニングで当選を繰り返しイメージしていたそうで、初当選しても、自分のことと思えず、何の喜びも湧かなかったそうです。でも、周りの方々の喜びで少しずつ実感していきました。また、初招集されて6年半ぶりに国会に行くと、懐かしく思えましたたが当選したんだなとどんどん実感していきました。前回の選挙に落選してからのことを振り返ると苦しい3年ではありましたが、皆さんの励ましや声をいただいて楽しい3年でもありました。落選すると全てが「ゼロ」になるため、積み上げていくことが楽しい作業でした。衆議院選挙区は1区でしたが、参議院選挙区は愛媛全体であったので活動がしやすかったです。また、落選したときにやる作業が3つあります。①苦難福門を声に出していうこと②朝しんどいときに「あ~ぐっすり寝た」ということ③無理に笑うこと(心が折れたときほど笑う)を実践していました。脳に聞かせることでプラス思考になれることを行っています。今後は愛媛を代表して、多数決に逆らってでも1票を投じることを肝に銘じて、多くの方の期待を背負って頑張っていくとのことでした。

2020/1/1 水曜日

第691回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 16:32:57
車いす体験
会場雰囲気
講師:石川氏

日 程 令和1年12月4日水曜日 午前6:30~7:30

場 所 東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

栞 第4条「人は鏡、万象はわが師」

テーマ 「生きていくということ」

講 師 日本ユニバーサルコロリエ協会

マスターコロリエ  石川 水緒 氏

参加社 35社38名(25社27名松山北会員)

今回は女性月間のトップバッターとして、石川さんに講話いただきました。

石川さんは頸椎損傷で鎖骨から下が完全麻痺で指も動かせず、車イス生活になって4年になります。今の身体になってどのように生きていくかとか、人の支えなど人の温かさを感じながら生活しています。縁があって愛媛で住むようになりましたが、最初愛媛の人は冷たいと感じていました。でも、声をかけると手助けしてくれるので、手助けすることにあまり慣れていない印象です。健常者の皆さんは、どのように手助けしていいか判らない人が多い世の中です。そのような世の中でも、手助けのとっかかりは挨拶だと思うので、声掛けが大切だと思います。常に周りの人に手助けをしていただかないといけませんが、何でもやろうとすれば、何でもできる世の中です。自分のとらえ方によって環境は大きく変わります。健常者でも障がい者でも、大変さは一緒だと思います。誰かに支えながらではないと一人では生きていけません。こんな私ですが、何か皆さんに伝えられることがあると思ってこれからも頑張って生きていくとのことでした。

HTML convert time: 0.507 sec. Powered by WordPress ME