2014/5/29 木曜日

第429回モーニングセミナー

Filed under: モーニングセミナー — kita_admin @ 16:37:47

日 時   平成26年5月21日水曜日 午前6:30~7:30

会 場   東京第一ホテル松山 11階スカイブリリアン

 栞    第16条 「己を尊び人に及ぼす」

テーマ   「足下の実践」

講 師   一般社団法人 倫理研究所

       法人アドバイザー 大谷 公夫 氏

参加社   32社36名(内23社27名松山北会員)

今を幸せに

今を幸せに

会員スピーチ

会員スピーチ

講師:大谷様

講師:大谷様

今回は昨日の幹部研修に引き続き、大谷法人アドバイザーに「実践」について講和いただきました。

大谷法人アドバイザーは、「当たり前の事が当たり前にできること、できるまで実践をやり続けること」がとても重要です。その中で1番の実践は「朝起き」です。倫理では、時間の取り決めがないので「早起き」ではありません。「朝起き」は宇宙のリズムに合わせていると、直感力が磨かれます。だから、気づきを高めるのには「朝起き」がいいのです。単純な実践こそ、誤魔化しがきかないため、「今日だけ、1日頑張ってみよう」と継続していくことが重要であるとのことでした。また、「経営」についても話されました。倫理経営においては、「経営」の「経」をタテ軸、「営」をヨコ軸に捉えて、「経」は時代が変わっても変わらない原理・原則であり、「営」は時代の変化に対応するスパイラルと捉えています。純粋倫理は自然の法則であるから、「経」をやり、「営」をやり抜くことが重要です。よって、「経」は人間力を高め、「営」はやり方や技術力を高めるとのことでした。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 2.145 sec. Powered by WordPress ME